マグロの刺身をわさびとしょうゆ以外で食べてみよう

皆さんはマグロの刺身を採り入れるところ何を付けて食べますか。一般的に、マグロの刺身はしょうゆとわさびで召し上がるものという想像があります。しかし、江戸年代よりも前の時代には刺身は酢で取るものでした。実際、マグロの刺身をわさびを溶かした酢や生姜を入れた酢で食べると、軽々としていながらマグロの利益を引立てるテーストになります。自分なりにお酢の種別を自由に作ることができるのも魅力的です。一方、この世風の食べ方がお好みの人物はマヨネーズで摂るのも一興だ。マヨネーズのまろやかさがマグロの余分な脂を包み込み、そこにマヨネーズの利益がかかり、どっか洋風のおいしさを楽しむことができます。「どれも少しお断りなぁ」という人物は、シンプルに大根おろしとしょうゆで食べてみてはいかがでしょうか。殊更、マグロのトロの点をおろし醤油で食べると、トロの脂を適度に吸い取り、かつすっぱりとした後味になります。皆さんもしょうゆとわさびだけではなく、色々な技にチャレンジしてみて下さい。いかにも初々しいおいしさを見つけることができるでしょう。